心療内科で緩和するストレス【健康的な身体を手に入れるSTEP】

男性

ケアの今後

女性

近年は、精神的な負担を抱えている人もいます。そのような人達が訪れるところに、カウンセリング施設があります。しかし、このカウンセリングを受ける際には、注意点があります。

View Detail

人との対話で

笑顔

精神的に疲れている、そのような人には、薬を投与するだけでなく、カウンセリングによる治療も必要です。では、何故大切なのでしょう。ここでは、そのことについて紹介します。

View Detail

ストレス性の胃腸炎

カウンセリング

ストレス性胃腸炎になった

現代社会はストレス社会とも言われ、みんな何かしらストレスを抱えていると言われています。職場であったり、人間関係、更にはネット社会なども存在するので、そちらからもストレスになり、体に影響する人もいるようです。その中でも一般的なのは、ストレス性胃腸炎です。よくストレスがたまったと言って、ドラマの中とかでも胃薬を飲むシーンがありますよね。その通りでまずは市販薬から始める人が多いです。しかし、本当にストレス性胃腸炎なのか、感染からきている胃腸炎なのか、素人には判断がつきません。一度病院できちんと診断してもらうと良いでしょう。その後にまた胃が痛んだり、吐き気がするときにストレスがある状態であれば、それからはストレス性胃炎と判断して、市販薬を飲むことも可能です。しかし、精神的な問題が原因の場合は効果が薄い可能性があるので一度心療内科などで診てもらいましょう。

診断を受けたあとは

上記で述べたように、一度診断してもらえば、血を吐いたり、吐き気がひどくない限り、市販薬で対応することができます。ただ、ひどい症状がある時は、軽いうつ状態である場合もあります。そうなると市販薬では対応できません。病院で抗うつ剤の処方で、胃も良くなる場合があるようです。ストレス性胃腸炎ですので、まずは、ストレスの除去と言うのが最善の治療法なのかもしれません。その他に、胃液の分泌を抑えたり、コントロールするお薬等で治療するのが一般的です。今の病院は入院をさせてくれないので、通院治療になる可能性が高いです。同じストレス性胃腸炎で症状が重くても通院の可能性が高いのなら、少しでも軽いうちに受診したほうが、症状に悩む期間が短くなり、身体への負担が楽になる上に早く治ります。

違う症状でも病院へ行く

ストレス性胃腸炎以外にもストレス由来の難聴に見舞われる人もいます。難聴は放置するほど回復の見込みが低くなってしまう傾向にあるので、早めに専門医で診察をうけましょう。難聴になった場合には補聴器を販売店で購入することになりますが、購入の際には保証制度についても確認しておきましょう。購入後の不具合のサポートがある販売店であれば、万が一の故障時でも安心して修理を依頼できます。

受けるところを選ぶ

相談

不安などを感じた時にはカウンセリングを利用するという人はどんどん増えてきています。カウンセリングは主に心療内科や精神科などで受けることが可能で、心の支えにもなってくれます。

View Detail