心療内科で緩和するストレス【健康的な身体を手に入れるSTEP】

案内

人との対話で

笑顔

投薬ではなくカウンセリングによる治療

精神のバランスを崩している人は心療内科や精神科などの病院でカウンセリングをすることが大切です。 病院に行くと薬の投薬による治療が中心と考えて行かない人もいますが、無理な投薬はせず、専門の知識があるカウンセラーと話し合うことで鬱などの精神的な病を解決に導きます。 特に臨床心理士は専門の心理学を大学院まで学んでないと取得できない難しい資格です。 精神的な病は人間関係の躓きによるものが多くあり、その問題を解決することによって薬に頼らずに病を治すことが可能です。 薬物の治療で気をつけなければならないのが、自分に合うかどうかで、合わない場合では病が悪化してしまうケースもあり、悩みが増えてしまうこともあるので気をつけましょう。

料金や訪問サービスによる治療

カウンセリングも自分に合うかどうか、話しやすいかどうかという問題があります。 一回当たりのカウンセリングは五千円から一万円程度と高額で、保険も適用されないことからカウンセングの相手は慎重に選ぶ必要があります。 カウンセリングは長期間必要で、効果がどれくらいあるかが分かりにくいものです。 合わないと感じたときにはすぐに変更した方が良いです。 事前にどのようなカウンセラーが居るかや、どのような病院かも調べておく方が良いです。 病院にいけない場合には自宅まで訪問してくれるサービスもしていることがあります。 本人が病院にいけないことは多くあることや、家族がカウンセリングを望んでいるケースもあるので、事前時訪問も可能な病院をチェックしておくと良いです。