心療内科で緩和するストレス【健康的な身体を手に入れるSTEP】

案内

ケアの今後

女性

カウンセリングや心のケアの今後の動向

ストレス社会と呼ばれる現代社会においては、ストレスの影響から生じる心身の健康の悪化を見て見ぬふりすることは決してできません。ストレスは不眠やイライラなどの精神症状だけではなく、重大な身体疾患を引き起こします。そのような状況を背景に心療内科や精神科、施設カウンセリングルームが増え続けています。医療機関では投薬治療のほかカウンセリングを受けることができます。カウンセリングは心の悩みだけではなく、ストレスが引き起こす様々な精神症状・身体症状にも有効だとされています。このようなアプローチに対する社会的関心は高まっていますが、十分にその数は確保されていない現状にあります。そのため、今後はこれらのケアを受けられる施設が更に増える傾向にあると考えられます。

それらにおける注意点について

カウンセリングを受けるにあたって気をつけなければならないのは、受ける側の人間も積極的に協力する必要があるということです。カウンセリングは一方的に相談援助者が行うものではありません。まず来談者は自分の心の内面をできる限りオープンに話すことを求められます。そのためには相談援助者を信用できる必要があり、その努力も自ずと求められてきます。自分の内面について話し合う中で徐々に自分の抱えている問題や気付けなかった自分の気持ちに気付き始め、それを糸口として何らかの解決に繋がっていくというのがカウンセリングの一つのあり方です。これを導き出すためには先述のとおり来談者側の積極的な協力や努力が必要となりますし、来談すること自体が敷居の低いものではないため努力を要します。これがカウンセリングを受ける上での注意点です。